Yes進学セミナーの平澤です。今回は数学のおススメ勉強法を学年別にご紹介します。
数学が面白いと感じる人もいれば、なぜ数学を勉強しないといけないの?と感じる人もいると思います。その点も含めてお話していきます。

 

◎中学生
「数学が分からないと授業についていくことができる高校はない」
中学生は、このことを必ず覚えていてください。
普通科の授業では、数学に限らず5教科すべてができること、工業系の学校・学科の授業では、数学・理科を理解していることが前提だからです。また、商業系の学校・学科であっても、在学中に簿記や珠算の検定を受けるので、やはり数字に強くなっていないと厳しいからです。
では、具体的に何をすればいいの?
まずはこの内容からあたってみてください。

1.計算内容全般
数学の基本である、正・負の数、文字式、方程式、平方根といった内容のものです。
小学生の紹介のときもお話をしましたが、小数・分数の計算が分からなければ中学校数学についていけないことと同様に、以上の内容が分からなければ、高校数学についていけなくなります。
計算問題は一生懸命取り組んでいても間違いが多い、なんて人もいると思います。その原因のほとんどは、やり直しをしていないからです。
テストを受けて、戻ってきた解答こそが最高の問題用紙をとらえてください。自分の答案が戻ってきたら、まずどこが間違っていたかを見直し、教科書などで確認することをおススメします。
解き方を覚えるだけという無機質な部分ではありますが、塾や学校で板書されたものをそのまま書き写すことで、どう解けばよいかを身につけてください。
もう一度言います。計算は数学の基本!おろそかにせずにコツコツ取り組んで下さい。

2.関数
小学校からの内容を振り返ると、比例・反比例から始まる関数という単元ですが、ここで数学の得意不得意が分かれるところだと思います。小学校時代につまづいている人は、比例・反比例の意味から忘れていることが考えられます。
中学1年生であれば、もう一度学習し直すので覚えなおすチャンスがあります。2年生・3年生は、数学ではなく理科で学習する機会がありますので、そこで確認できるでしょう。
比例を応用したものが一次関数(中学2年生で学習)と二次関数(中学3年生で学習)になります。
ここではグラフを利用したものが多く出題されます。実際に大分県の公立入試ではグラフ上にある直線で囲まれた図形についての問題、速さ・料金・水量の増減を利用した問題が必ずと言っていいほど出題されています。学校の教科書や副教材にも同様の問題はありますので、確認してみてください。
また高校数学では、関数がおよそ半分を占める内容になります。特に普通科や高専を志望校とする生徒には重要な単元です。

3.図形
図形も好みが分かれるところです。
苦手となる要因は、公式が分からない、図形の性質が分からない、などです。
解決策は、公式や図形の性質を覚えることをおろそかにしないこと。中学校の間はさほど多くはありませんので、すぐに覚えられるはずです。
しかし、公式や性質が分かっていても解けない問題もあると思います。その原因は、公式や性質の意味がきちんと理解できていないことにあります。ただ覚えるだけではなく、その意味についてもセットでつかむことが大切です。

その他、確率や資料の活用といった単元については、普通科を志望とする生徒はきちんと理解できるようにしましょう。
特に確率という単元は、中学校では教科書で15ページほどしか扱っていませんが、高校数学ではその3~4倍の量を扱うことになります。入学した後が大変かもしれませんが、中学校で基本をおさえられていれば問題ありません。

 

◎高校生
高校数学は、中学内容をおさえていないとついていけない、ということはお話しました。
その中でも特にマスターしてほしい単元は、関数、平面図形、式の証明および確率です。
関数は高校数学のおよそ半分を占めています。中学内容はもちろんのこと、高校で習ったことも使えると高得点が狙えます。大学入試でも多くの内容を占めているので、関数の出来が合否を決めるものと考えてください。
また、大学入試の数学の問題は、高校入試の問題とは異なり、図やグラフが与えられていません。つまり、問題文を見てどのような図やグラフになるかを自分で考えて解き進めなければならないのです。さらに、解答についても、答えだけを書けば終わりなのではなく、どのように解いたか過程を書かないと減点されていきます。
ですから、高校数学できちんと得点するためには、多くの問題にあたってみることが大事です。
問題集や参考書などから、まずはできる問題、できそうな問題、簡単なところから解き始めるといいと思います。
解き終えたら、解説と見比べて、合っているかの確認をしましょう。数学は、正解は一つですが、その正解にたどり着くまでのルートは一つとは限りません。模範解答には、自分の解き方より簡単にできる方法が書かれているかもしれません。
つまり、ここでやることは単なる答合わせではなく、新たな技を習得する場となるわけです。
理系の生徒はもちろんのこと、文系でも国公立大学や難関私立大学を志望する生徒には、数学が必須科目になります。以上のことを確認してください。

 

最後に、高校受験・大学受験ともに数学が合否を決める教科になってきます。
数学について悩んでいること、または相談したいことがありましたら、各校舎、数学担当の講師が在籍していますので、お近くのYes進学セミナーまでお気軽にお問い合わせください。