7/14(土)に敷戸校で公開実力判定テストが行われました。

実力テストなので、普段学校で行われるテストよりも難しい問題が多かったですが、

とても頑張っていました。テスト結果は偏差値とともに成績カルテとして返却されます。

成績に関して、ご家庭でお子様と話すきっかけとなってもらえればと思っております。

また、テスト後はお楽しみイベントとして「理科の実験教室」を行いました。

今回は『錯視』というテーマで実験を行いました。

『錯視』とは「脳の働きによって、見え方が変わってくる」ことです。

大人でも見方によって、若い女性にも老婆にも見える絵や、向かい合った顔にも壺にも見える絵などを

国語の教科書で見たことがあるかもしれません。

このテーマをスライドなどを使ってわかりやすく説明したのが今回の実験です。

 

そして今回の実験の最後に作ったのが、どの方向から見ても、こちらを見つめる虎…

「虎吉君」です。

折ったりするのが難しかった生徒もいましたが、最後にはきれいに虎吉君を完成させました。

 

また公開実力判定テスト、理科実験教室は開催する予定です。(時期は未定)

次回も多くのお子様の参加をお待ちしております。