Yes進学セミナーの梅本です。

2月3日㈮、私立一般入試直後の授業で、公立入試傾向分析授業を実施しました。
目的は「公立入試に備えて、すぐに切り替え、準備をするため」です。
日々の地道な努力が一番大切なことは言うまでもありませんが、入試が目前に迫った今、大分県の入試の傾向を把握し、それに向けて準備することも非常に重要なのです。

公立分析1

28年度 大分県公立入試 傾向分析①

公立分析2

28年度 大分県公立入試 傾向分析②

私立入試の対策に関して、Yes進学セミナーでは冬期講習から徹底的に実施してきました。
その甲斐あって、わさだ校では、
東明特奨入試の数学の塾生平均が、東明高校の平均点より、なんと6.8点も高い結果になりました!
進学校を目指していない生徒も含めた、ほぼ全塾生の結果であることを考えると、この差はかなり大きなものであると自負できます。

やはり 傾向をつかみ、対策をすることで点差が出ることは明らかです。実際に塾生は各大問ごとの出題単元を熟知していました。だから公立入試に向けてもその傾向を知り、準備することの重要性も分かっています。
敵を知り、準備をする。できそうで実践しにくいことですが、残りの日数で成績を上げるチャンスがここにあります。

次は本命!最後のひと踏ん張り、もう一度、頑張ろう!