春期講習から塾に来るメリット

Yes進学セミナーでは3月27日から春期講習が開講します。今日は春期講習から塾に来るメリットをお伝えしたいと思います。メリットは大きく分けて3つです。

 

【 春期講習から塾に来るメリット 】

    ①内申点の確保。(令和3年度の公立入試は普通科の高校が倍率上昇!)

    1学期からのスタートダッシュを決める。(早めの予習と早めの準備!)

    ③指導要領が大幅にボリュームアップ。(特に英語、早めの復習も大切!)

 

①内申点の確保。(令和3年度の公立入試は普通科の高校が倍率上昇!)

令和3年度の公立入試は上野丘1.23 → 1.33 、舞鶴1.27 → 1.50 、豊府1.32 → 1.62 、大分西1.46 → 1.65 、とトップ4校の倍率が全て上昇しました。これらの高い倍率の入試に勝利するためには、もちろん実力をつけて入試本番に高得点を取ることが重要ですが、同じくらいに大切なことが内申点(通知表)の確保です。大分県の公立高校の入試は、入試の点数に内申点がたされた合計で合否が決まります。高い内申点を持った受験生は、入試の際に非常に有利になります。1学期に高い内申点を取るために春期講習から学習を始めることが大切です。

 

②1学期からのスタートダッシュを決める。(早めの予習と早めの準備!)

1学期中に実施される定期テストで1学期の内申点が決まります。高得点を取るためには早めの予習と早めの準備が必要です。春期講習では、1学期の内容を先取りして、早めの予習を行うことにより理解の向上を図ります。そうすることで定期テストに向けて教科書暗記やワーク暗記、実践演習などの準備の時間を確保でき、多くの実践練習を乗り越え実力を付けた生徒たちを生み出すことができます。

 

③指導要領が大幅にボリュームアップ。(特に英語、早めの復習も大切!)

教科書改訂でどの教科も指導要領が変わります。特に英語は全学年ボリュームアップします。中1指導要領にbe動詞の過去形や過去進行形、未来形などの中2内容が、中2指導要領に疑問詞+不定詞や現在完了などの中3内容が、中3指導要領に現在完了進行形や仮定法、原形不定詞などの高校内容が入ります。今までは早めの予習を重視してきた英語は、早めの復習も意識した指導カリキュラムを準備しなければいけないようになってきました。単語も2倍になり英語が苦手な生徒にとっては負担がかなり大きくなってきます。

 

結論から言うと「部活が終わってから塾に行こう」という考えは、今からの入試は、対策が厳しいものになるかもしれないということです。中学3年生はどれだけ早く受験生になれるか、中学2年生は中学生活の中だるみに打ち勝ち、部活と勉強との両立に努力できるか、中学1年生は最初の中学1年間を決める1学期のロケットスタートができるか、どの学年にとっても大事な1学期になります。

 

Yes進学セミナーの春期講習を是非受講して下さい。必ず新しい自分に出会えるはずです。定員まで残りわずかのコースもありますので、ご予約お早めに!成績上昇に向けて一緒に戦う講師陣が待っています!

皆春校 097-574-6564

わさだ校 097-542-7740

森学び舎 097-576-8576

敷戸校 097-529-7270

高城校 097-552-3225